注目度の高い記事
現役アフィリエイターが Diver をおすすめする7つの理由【もう他のテーマはいりません】

 

山本
わかばちゃんは、ワードプレスのテーマってなに使ってるの?

わかば
今は無料テーマを使ってるんですけど、最近「Diver」が気になってるんですよね
山本さんのわ-研。を見てて、いいなーって思ったんですけど、有料なんでどうしようかなって迷い中なんです…

山本
確かに有料テーマって最初はハードルが高いよね。
じゃあ今から僕が Diver の機能とか使用感について説明するから、それ見てから決めてみたらどうかな?

わかば
そうですね、ぜひお願いします!

 

こんな感じで、Diver の導入を迷っている方の疑問にお答えします。

 

このページを読んでわかること

  • 実際に Diver を使用しているアフィリエイターのリアルな感想がわかる
  • Diver の機能についても詳しく知ることができる

 

この記事を書いている僕(山本)は、アフィリエイター歴3年ほど。

ワードプレステーマ Diver は、販売初期の頃から2年ほど使い続けていて

実際に Diver を使ったサイトで、今も稼ぎ続けています。

 

結論から先に言っておくと、

これまで数多く(10種類程度)の有料テーマを使ってきた僕にとって

Diver は、まさにワードプレステーマの最適解だと言えます。

 

「ワードプレステーマにお金をかけるのはちょっとなぁ・・・」

不安な気持ちになっている方は、ぜひ記事を最後までご覧ください。

 

※Diver の各機能の詳細な解説は、各解説ページへのリンクを貼っておくので

そちらもあわせて参考にしてください。

 

目次

1.アフィリエイターの僕が Diver をおすすめする7つの理由

アフィリエイターの僕が Diver をおすすめする7つの理由

現役アフィリエイターの僕が

ブログ初心者の方にこそ Diver をおすすめしたい理由が、以下の7つです。

 

  • デフォルトで SEO 対策済み
  • 細やかな設定やデザイン変更が簡単にできる
  • ブログで使うプラグインの数を減らせる
  • 豊富な入力機能でカスタマイズ性が高い
  • 複数のサイトで使用可能
  • バージョンアップによる改善&機能追加
  • メールサポートが半永久的に受けられる

 

ある程度知識のある方なら、なるほど!となる内容ばかりですが

初心者の方は、すぐにはピンとこないかもしれないので、それぞれ解説します。

 

その1:デフォルトでSEO 対策済み

Diver をインストールした時点で、SEO 対策はもうほぼ終わったと言えます。

 

SEO 対策や OGP 設定が標準機能として搭載されてますし

インストール時点ですでに最適化されているので、複雑な設定などは全く必要ありません。

 

Diver の SEO 対策については、別ページで詳しく解説しているので

詳しく知りたい方は、以下リンク先の記事もあわせてご覧ください。

参考リンクDiverを使うなら必須のSEO設定方法

 

その2:細やかな設定やデザイン変更が簡単にできる

せっかくブログ運営をするなら

使いやすい設定や自分好みのデザインにしたいですよね。

 

「Diver オプション」や「外観カスタマイズ」機能を使うことで

普通のテーマでは不可能な、細かい部分まで設定をすることができます。

 

Diver オプション と 外観カスタマイズ で設定できる箇所については

下の「2.ワードプレステーマ Diver で使える機能一覧」で詳しく解説します。

 

その3:ブログで使うプラグインの数を減らせる

ワードプレスのプラグインはとても便利な拡張機能ですが

あまり数を増やしすぎると、以下のようなデメリットもあります。

 

  • サイトが重くなる(表示が遅くなる)
  • セキュリティーリスクが高くなる
  • プラグイン同士が競合して不具合が起きる可能性が高まる

 

Diver の豊富な機能は、多くのプラグインの機能をカバーしているので

使用するプラグインの数を大幅に減らすことができます。

 

では、Diver がどのようなプラグインの機能をカバーしているのか

については、以下の記事で解説しているので参考にしてください。

参考リンクDiver に最適なプラグイン・不要なプラグイン一覧

 

その4:豊富な入力補助機能でカスタマイズ性が高い

投稿ページや固定ページで使える「入力補助」機能で

記事ページを簡単にカスタマイズすることができます。

 

HTML や CSS などのプログラミング知識が一切なくても

レビュー記事や、ランキング記事などをつくることもできます。

 

Diver の入力補助機能の使い方については

以下ページで詳細に解説しています。興味のある方は先にご確認ください。

参考リンクDiver の入力補助機能のすべてを徹底解説

 

その5:複数のサイトで使用可能

有料テーマの中には、1回の購入ごとに1つのサイトにしか使用できない

という制限があるものが実はいくつもあります。

 

販売時に不利になるためか、そのテーマを紹介しているサイトなどを見ても

あまり大っぴらに語られていることは少ないような気がします。。

 

その点 Diver は1度購入すれば、あとはいくつのサイトで使用してもOK

運営するサイトの数を気にせず使いまわす事ができます。

山本
実は僕自身も、この事を知らずにあるテーマを購入して
後で気付いて激しく後悔したことがあります…

 

その6:バージョンアップによる改善&機能追加

多くの有料テーマが一度完成品を販売した後、ほとんどアップデートされることはありません。

ですが Diver は、販売開始から数年たった今でも、頻繁にアップデートを繰り返しています。

 

最新のシステムに対応するための改善だけでなく

新機能の追加もこれまでに何度も行われてきています。

 

あとで追加された機能の数は、数え切れないほどあリますが、

例えば、下で紹介している「カスタムCSS」「動くマーカー」なども、初期の頃にはなかった機能です。

 

Diver の開発陣は

「インターネットがなくならない限り、Diver はバージョンアップを続ける」

と明言しておられます。

 

その7:メールサポートが半永久的に受けられる

Diver 購入者は、”期限・回数ともに無制限” のメールサポートを受ける事ができます。

 

テーマを一度購入するだけで、無限にプロのサポートを受けることができるとか

にわかには信じがたい話ですが、これも満足度100% を目指す開発チームのこだわりなのだとか。

 

Diver 購入者が受けられるサポート内容は、以下のとおりです。

サポート期限/回数 両方とも無制限
サポート方法 メールのみ
利用料 基本無料(内容によっては別途見積もり有り)
サポート条件 Diver 購入者のみ

 

Diver へのお問い合わせは、公式サイトからもできますが

すべての Diverオプション ページの下部に専用のリンクが設置されています。

Diverオプションページ下部のお問い合わせリンク

山本
僕自身も、Diver のサポートに問い合わせをしたことがありますが
翌日には(即解決の)回答をいただくことができました

 

2.ワードプレステーマ Diver で使える機能一覧

ワードプレステーマ Diver で使える機能一覧

ここまでは、僕が Diver を実際に使ってみて感じた、おすすめの理由について語ってきましたが

ここからは、Diver の機能について解説していきます。

 

さすがにここで全ての機能を解説すると、ページが長くなりすぎてしまうので

ここでは、”Diver の主要な機能” に絞ってご紹介したいと思います。

 

それでも全部で20項目と、結構なボリュームになってしまったので

目当ての機能がある程度決まっている方は、直接その項目をチェックしてください。

 

2-1.基本設定

ワードプレスには基本的な設定項目がありますが

それとはまた別に Diverオプション という独自の設定項目が用意されています。

ワードプレステーマ Diver で使える機能一覧

 

この項目でご紹介する「基本設定」から、2-7 の「スマホ用フッターメニュー」までが

Diverオプションの機能になります。

 

以下が、基本設定で設定できる項目の解説です。

メイン設定 サイト全体のデザインのなどの設定
ヘッダーメッセージ サイトのヘッダー部分にメッセージを表示できます
Google Analytics 設定 アナリティクス連携用の ID などを設定できます
アクセス解析 アナリティクスなどのアクセス解析コードや、広告タグなども設置可能
広告設定 Google アドセンス用に特化した設定項目です

 

2-2.投稿設定

投稿設定では、アイキャッチ画像のサイズや

ブログのフォントサイズ(PC/SP)、テキストの間隔などを細かく設定できます。

 

カエレバ(Amazon や 楽天のアフィリンク作成ツール)や

TOC+(目次表示プラグイン)との連携の設定も、ここで行うことができます。

 

2-3.SNS設定

最近は、ほぼ必須になってきた SNS との連携をここで行なえます。

 

対応している連携先は、以下の7種類です。

  • Facebook
  • Twitter
  • インスタグラム
  • はてぶ
  • LINE
  • pocket
  • feedly

 

投稿ページに表示させる、SNSボタン の設定もここで行います。

 

2-4.SEO設定

サイト全体の SEO設定 をここで行います。

 

検索エンジン向けの サイトタイトル や、サイトの説明(ディスクリプション)を設定できます。

実際に表示されるものとは、また別のテキストで SEO対策 することができます。

 

2-5.ファーストビュー

ファーストビュー(サイトを開いた時に1番最初に表示される場所)の設定項目です。

 

画像や動画などをファーストビューに設定でき

さらに、テキストやボタンリンクなどを表示させることも可能です。

 

ファーストビューの使い方については、以下のページで詳しく解説しています。

参考リンクDiver のファーストビューの設定方法

 

2-6.ヘッダーボタン

ヘッダーに表示されるボタンを、最大4つまで設定できます。

 

主にブログのプロフィールページや

お問合せ先へのリンクなどを設置するのがメインです。

 

地味に感じるかも知れませんが、ある意味必須の機能だと言えます。

 

2-7.スマホ用フッターメニュー

スマホのみに表示させる、フッターメニューを設定できます。

 

フッターメニューとは、画面下部に固定された状態で

スクロールに追従してくるメニュー画面のことです。

 

ドロワーメニュー(三 みたいなボタン)や

トップページまたはページ上部に戻る ボタンを設置しておくと、サイトの利便性がアップします。

 

2-8.CTA(コールトゥーアクション)

CTA(コールトゥーアクション)とは、

投稿ページのコンテンツ下に表示される、広告エリアのことです。

 

ここに目立たせたい広告や、ページヘのリンクを設置しておくと

コンテンツを読み終わった読者からのクリック率が高まります。

 

サイト全体の CTA を一律で設定できるほか

投稿編集画面からそれぞれのページに、個別で設定することも可能です。

 

2-9.LP(ランディングページ)

LP(ランディングページ)を作成できる機能です。

ランディング(landing)を直訳すると「飛行機の着陸」という意味。

 

「着陸 = あなたのサイトで最後に見てもらいたいページ」

ということで、商品販売ページのことを指します。

 

通常、別ドメインで作成されることが多い LP ですが

Diver では、1つのサイトで全てを完結させることができます。

 

LP 用のファーストビューや背景、さらに細部のデザインなども個別に設定することが可能。

1から全てを作り上げることができる、自由度の高い機能です。

 

2-10.共通コンテンツ

好きな場所に、同じコンテンツを表示できる機能です。

 

あらかじめ共通コンテンツページに、表示したい広告を設定しておくことで

後はショートコードを貼り付けるだけで、同じコンテンツをいくつでも設置できます。

 

主に、広告を設置する時に使うことが想定されていて

ASP(広告代理店)から、広告コードの変更の連絡があった時などでも

共通コンテンツを編集するだけで、まとめてコードを変更することができる便利な機能です。

 

2-11.カテゴリーページ

通常、編集することが不可能な、カテゴリーページを編集できる機能です。

 

各カテゴリーページにタイトルや画像、説明文などを設定することができ

情報量が少なく弱点とも言われるカテゴリーページに、SEO対策 を施すことができます。

 

記事一覧ページのように、記事レイアウトをカテゴリーごとに変更することも可能です。

 

2-12.豊富な外観カスタマイズ設定

外観カスタマイズ機能は、ワードプレスに標準で搭載されていますが

Diver では、その機能が大幅に強化されます。

 

トップページのレイアウトや、各部分のサイズなども細かい調整が可能です。

 

外観カスタマイズについては、別記事で詳しく解説しているので

先に確認しておきたい方は、リンク先ページをご確認ください。

参考リンクワードプレステーマ「Diver」の外観カスタマイズ方法の全て

 

2-13.投稿ページを自由にカスタムできる入力補助機能

ページ上の「Diver をおすすめする理由」でも触れましたが

入力補助機能がとにかく豊富に用意されているのも、Diver の大きな特徴の一つです。

 

プログラミングの知識が一切なくても

この機能だけで、プロ並みのページを作成することが可能になります。

 

入力補助機能についても、以下のページで詳しく解説しているので参考にしてください。

参考リンクDiver の入力補助機能のすべてを徹底解説

 

2-14.カスタムCSS で個別に投稿ページをカスタムできる

ワードプレスに Diver をインストールすると

投稿編集画面の下部に「カスタムCSS」というエリアが追加されます。

 

ここに CSS を入力することで

ページごとに個別に自由にカスタムすることが可能になります。

 

全体の CSS よりも、カスタムCSS の方を優先するようになっています。

 

もし、失敗したとしても全体に影響することがないので

「これから CSS について勉強したい」という方の練習用にもぴったりの機能です。

 

2-15.ワンクリックで投稿ページを AMP 対応にできる

ワードプレスに Diver をインストールすると

投稿編集画面の公開欄に「AMPの有効化」という項目が追加されます。

<iframe width="640" height="360" data-src="https://worldstarhiphop.com/embed/148633" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

 

投稿を公開するときに、ここにチェックを入れておくだけで

自動的にそのページが AMP 対応になります。

 

AMP(アンプ)とは、スマホでブログの表示を高速化するシステムのことです。

 

2-16.通常のマーカーに加えて動くマーカーが使える

通常のマーカー動くマーカー が使えるようになります。

 

使い方は簡単。

Diver をインストールすると投稿画面に追加される「スタイル」をクリックして

使いたいマーカーを選択するだけです。

ワードプレステーマ Diver で使える機能一覧

 

2-17.アイキャッチに YouTube の動画を設定可能

アイキャッチ画像の代わりに、YouTube の動画を設定できるようになります。

 

投稿画面の横に表示される「YouTube動画」に、動画のURLを入力すると

そのページのアイキャッチ画像が、YouTube動画にすり替わります。

ワードプレステーマ Diver で使える機能一覧

 

2-18.簡単にブログカードを設置できる

投稿画面上部に「関連記事」ボタンが追加されるので

ここから、任意の記事のブログカード(リンク)を簡単に作成することができます。

ワードプレステーマ Diver で使える機能一覧

 

2-19.投稿ごとにサイドバーウィジェットを設定できる

投稿編集画面の下に、サイドバーウィジェットというエリアが追加されます。

ここに入力することで、ページごとに違ったサイドバーをを設置することが可能になります。

ワードプレステーマ Diver で使える機能一覧

 

2-20.投稿ごとにアピールブロックを設定できる

ページ下部の、アピールブロックエリアに必要情報を入力することで

ページごとにアピールブロック(追従サイドバー)を設置することができます。

ワードプレステーマ Diver で使える機能一覧

わかば
Diver の機能の種類ってすごいですね!
これもう「必要な機能全部のせ」って感じなんじゃないですか!?

山本
そうだよね。僕自身も、Diver を使い始めてからは
「こんな機能がほしいな~」って思ったことがないくらいだよ

 

3.ワードプレステーマ Diver を実際に使っている人たちの感想

ここまでの解説で、Diver の主要な機能については、わかっていただけたかと思います。

 

ということで、ここからは実際に Diver を使っている

ブロガーやアフィリエイターの方の、リアルな感想をまとめてみたので参考にしてください。

 

 

4.ワードプレステーマ Diver のメリット・デメリット

Diver を使った時の、メリットとデメリットについても

まとめてみたのであわせて参考にしてください。

Diver を使うメリット
  • Diver をインストールするだけで SEO 対策が完了
  • HTML や CSS の知識がなくても美しいサイトを作れる
  • 余計な作業をしなくて良い分、稼ぐまでの時間を短縮できる
  • 他のワードプレステーマを購入する資金を節約できる
  • テーマのアップグレードを無料で受け続けられる
  • 半永久的にサポートを受けられる

 

Diver を使うデメリット
  • 最初に購入資金が必要
  • 使い方をマスターするにはある程度の時間が必要

 

まとめ:アフィリエイトで稼ぐなら Diver は最適解です

僕自身もそうだったのですが、初心者の頃ってテーマにお金をかけるのって

すこしハードルが高く感じたり、抵抗感があったりするかと思います。

 

ですが、有料テーマって実は、HTML などが全くわからないような

初心者の方にこそおすすめしたい、というのが僕の本音です。

 

なぜかというと、ブログのデザインなどをいじったりするような

無駄な時間をかける必要がない分、稼ぐまでの時間を圧倒的に短縮できるからなんです。

 

僕も最初は無料テーマをいくつも使ってきたのですが

自分の思うようなブログにすることができずに、あーでもないこーでもないと

試行錯誤するという無駄な時間を過ごしてしまいました。

 

しかし、”ブログで稼ぐ” の本質はそんなことではなく

「ブログの記事を充実させる」という部分に集約されています。

 

Diver を使うことで、そういった初心者が陥りがちな「無駄」を全て省いてしまうことができます。

 

テーマをインストールして簡単に設定を終わらせたら

もう後は、ひたすらブログの記事を充実させていくことだけに集中できます。

 

そういう意味では、かなり有益な初期投資だと言えますね。

 

最後に、Diver のおさらいをしておきましょう。

  • Diver はデフォルトで SEO 対策済み
  • ブログ初心者でもデザインの設定が簡単にできる
  • 使用するプラグインの数を大幅に減らせる
  • 外観カスタマイズ+入力補助機能が有用
  • いくつのサイトに使用してもOK
  • いつまでも続くバージョンアップ
  • 半永久的のメールサポート

 

以下の公式サイトから、Diver のデモサイトも確認できるので

デザインの確認などを行いたい場合は、そちらも参考にしてみてください。

 

参考リンクDiver 公式サイト

 

ゼロから始める!ワードプレスブログ スタートマニュアル
ワードプレスブログスタートマニュアル

ブログには興味があるけど、ワードプレスってなんか難しそうだなぁなんて思ってませんか?

わー研。では、そんなあなたのために、手順通り進めるだけでワードプレスブログが開設できるマニュアル(特設ページ)をご用意しました!

もちろん無料で利用が可能ですので、はじめての方はぜひご活用ください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事