注目度の高い記事
メンテナンスモードでサイトを非表示にする2つの方法【プラグイン&PHPコード】
この記事では、プラグインまたはPHPコードを使用して、サイトをメンテナンスモードにする方法を解説しています。

「ブログのデザインを大幅にカスタマイズしたい」

「未完成のサイトを外部の人に見られないようにしたい」

 

ブログやサイトを運営していると、こういった感じで

外部の人にサイトを見られたくないタイミングが出てきます。

 

わかば
あー確かに、ブログの表示が崩れてしまっている状態は、見られたくないかもですねー

山本
だよね。 そんな時に、サイトをメンテナンスモードにして非表示にするための、2つの方法を解説するよ

1.メンテナンスモードってなに?

メンテナンスモードってなに?

メンテナンスモードとは、プラグインなどを使って

一時的に外部の人が、サイトを閲覧できない状態にすることを言います。

 

ワードプレステーマや、プラグインのアップデートをする時には

実は、自動的にメンテナンスモードに入っている場合が多いです。

 

山本
メンテナンスモード中のサイトは、こんな画面が表示されます

メンテナンスモードってなに?

 

やったことがある方ならわかると思いますが、これらは、

ものの数秒~数十秒で終わるので、実際はなかなかお目にかかることは少ないです。

 

メンテナンスモードを使うのはこんな時です。

  • サイトのデザインを大幅にカスタマイズする時
  • サイトが完成するまで外部の人に見られたくない時
  • サイトの不具合を修正する時

 

2.メンテナンスモードを使うメリット

その1:メンテナンスモード中でもサイト管理者は閲覧可能

メンテナンスモードに入ることで、外部の人はそのサイトを閲覧できなくなりますが

管理者であるあなただけは、通常どおりにサイトを閲覧・操作することが出来ます。

 

つまり実際の表示を確認しながら、カスタマイズなどの操作ができるということです。

 

その2:未完成のサイトを見られない

未完成の状態のサイトが誰でも閲覧できる状態にあると

デザインが崩れていたり、エラーが出てしまっていたりと

何かと不具合が予想される上に、「怪しいサイトなんじゃないの?」と

訪問者に不信感すら与えてしまいかねません。

 

例えばブログの場合だと、テーマを変更しているときなどがそうです。

さらに、不完全な機能を操作されることで、重大な問題が生じる可能性も考えられます。

 

メンテナンスモードを利用することで、サイト画面は「メンテナンスモード」

としか表示されないので、焦らずじっくりと作業することができるようになります。

 

3.サイトをメンテナンスモードにするための2つの方法

サイトをメンテナンスモードにするには、2つの方法があります。

  • WP Maintenance Mode プラグインを使う
  • PHPコードを使う

それぞれのやり方を解説していきます。

 

その1:WP Maintenance Mode プラグインを使う方法

プラグインを使ってメンテナンスモードにする方法

WP Maintenance Mode というプラグインを使うことで

簡単にサイトをメンテナンスモードにすることが出来ます。

山本
とても簡単なので、初心者の方にはこっちの方法がおすすめです

 

WP Maintenance Mode プラグインのインストール方法

WP Maintenance Mode は、ワードプレス公式プラグインです。

管理画面または、プラグインページからダウンロードしてインストールすることが出来ます。

WordPressにプラグインをインストールする2つの方法

 

プラグインをダウンロードする方は、以下のリンクからどうぞ。

サイトリンクWP Maintenance Mode プラグインページ

 

プラグインのインストール方法がわからない方はこちら。

参考ページWordPressにプラグインをインストールする2つの方法

 

WP Maintenance Mode プラグインの使い方

管理画面 > 設定 > WP Maintenance Mode から、プラグインを使用します。

WordPressにプラグインをインストールする2つの方法

 

使用方法はめちゃくちゃシンプルです。

一般タブ から 有効化にチェック を入れて、下部の 設定を保存 をクリックするだけです。

WP Maintenance Mode プラグインを使う

↓   ↓   ↓

WP Maintenance Mode プラグインを使う

山本
この操作だけでサイトがメンテナンスモードになります

 

デザインタブから、表示させるメッセージや背景を変更することもできます。

WP Maintenance Mode プラグインを使う

 

メンテナンスモードから復旧する時は、再度設定画面から 無効化 にチェックを入れて 設定を保存 をクリックすると元の状態に戻ります。

WP Maintenance Mode プラグインを使う

 

その2:PHPコードを使う方法

続いて PHPコードを使った方法です。

やり方は、function.php に以下のコードを記述するだけです。

function maintenance_mode() {
if ( !current_user_can( 'edit_themes' ) || !is_user_logged_in() ) {
wp_die('ただいまメンテナンス中です。');
}
}
add_action('get_header', 'maintenance_mode');

 

「ただいまメンテナンス中です。」の部分を変更すると、画面の文章も変更できます。

 function.php の編集に失敗すると、サイトの画面が表示されなくなるなどの不具合が起こります。ですので、変更前には必ずバックアップを取っておくようにしましょう。

 

さいごに

メンテナンスモードを使う意味やメリット、その使い方について解説しました。

 

運営初期のうちは、ほとんど使う機会がないかも知れませんが、

いざという時のために、知っておくと便利なテクニックです。

 

この記事のまとめです。

  • メンテナンスモードとはなんなのか(いつ使うのか?)
  • メンテナンスモード中でもサイト管理者は閲覧可能
  • WP Maintenance Mode プラグインでメンテナンスモードを使う方法
  • PHPコードでメンテナンスモードを使う方法

 

わかば
私みたいな初心者は、素直にプラグインの方を使った方が良さそうですね

山本
function.php をいじるリスクを考えると、そっちがおすすめだね

 

注目の記事「All-in-One WP Migration」プラグインでブログのバックアップをとる方法

注目の記事【決定版】ワードプレステーマ「Diver」の外観カスタマイズ方法の全て

 

ゼロから始める!ワードプレスブログ スタートマニュアル
ワードプレスブログスタートマニュアル

ブログには興味があるけど、ワードプレスってなんか難しそうだなぁなんて思ってませんか?

わー研。では、そんなあなたのために、手順通り進めるだけでワードプレスブログが開設できるマニュアル(特設ページ)をご用意しました!

もちろん無料で利用が可能ですので、はじめての方はぜひご活用ください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事